製品情報

製品一覧

「高品質乳酸発酵竹粉及び竹エキス」のご紹介

高品質乳酸発酵竹粉

竹粉の製造過程
①孟宗竹2年~3年もの生竹を消毒後、弊社開発の竹粉製造機で平均粒度300μに切断する。
②竹由来の乳酸菌を増殖させるため密封袋で2~3週間発酵養生させる(嫌気発酵)
③真空パック袋詰め処理し商品化

粉末内部多孔質(電子顕微鏡)

粉末内部多孔質(電子顕微鏡)

乳酸発酵竹粉の特色
①竹由来の乳酸菌が50億個/g当たり生息(当社試験結果)
②植物性ケイ素含有率が多く、農業では光合成の働きが活発で生育に貢献や糖度増加や
 硝酸態窒素の減少に作用
③竹に含まれる水溶性ケイ素は美容、健康増進効果が認められ化粧品・サプリメントへの
 添加剤として注目

用途及び機能
①農業土壌改良剤  ・・・土壌微生物活性、作物成長促進、作物収量・糖度増加、硝酸態窒素減少
②畜産・ペット・魚等飼料添加材・・・整腸・成長促進、糞尿消臭
③竹粉ピュアーエキス  ・・・保温、殺菌(化粧品材料登録開発中)
④竹粉微粉砕粉末    ・・・抗菌、消臭、研磨剤
⑤食品添加       ・・・食物繊維
⑥漬物糖床セット添加  ・・・旨み、竹乳酸菌の抱水性・通気性・酪酸菌防止
⑦バイオマスプラスチック・・・物性値向上、射出成型可能、生分解性可能
              (注)当社実験によると竹粉含有比率70%で射出成型可能

大根・人参・水菜・こんにゃく芋に対する竹粉投与効果

上記写真;大根・人参・水菜・こんにゃく芋に対する竹粉投与効果

試験用試料の対応
食品・化粧品・バイオマスプラスチック等への添加実証試験を検討される場合は「お問い合わせ」又は「電話」にてご連絡ください。

「真空アルミパック」

「真空アルミパック」

商品詳細
①500g、1kg、10kg真空アルミパック袋詰め
②20kgポリ袋詰め
③未発酵竹粉20kgポリ袋詰め

注文単位

「竹粉ピュアーエキス」

「竹粉ピュアーエキス」

エキスの抽出プロセス及び特徴
①低温真空乾燥機に乳酸発酵竹粉を投入し低温間接加熱し(50℃以下)
 真空吸引により蒸発した水分を冷却し、エキス抽出
②低温抽出のため素材成分は変質しない
③アルコール溶媒工程を省き高効率のピュアーなエキスでありハラル認証採用可

用途機能
①保湿・殺菌・ケイ素機能による様々な化粧品、サプリメント等に利用可能

試験用試料の対応
添加実証試験を検討される場合は「お問い合わせ」又は「電話」にてご連絡ください。

商品詳細
100mlビン詰め

注文単位
1ビン(個) 販売価格:¥1,600円  (外税)

「微粉末竹粉(平均粒度70μ)」

「微粉末竹粉(平均粒度70μ)」

竹粉抽出プロセスおよび特徴
①上記エキス抽出と同じタイミングで排出した微細竹粉は平均粒度70μ
②機能性として竹の多孔質構造やシリカ成分から消臭・抗菌・研磨機能等があり
 化粧品食品等への汎用性用途利用が可能である。

試験用試料の対応
添加実証試験を検討される場合は「お問い合わせ」又は「電話」にてご連絡ください。

商品詳細
①25gビン詰め

注文単位
1ビン(個) 販売価格:¥300/本  (外税)

「漬物糠床用セット」


成分
①糠700g及び竹粉300g

商品詳細
①糠700g及び竹粉300g+足し糠300g及び足し竹粉200gのセット

注文単位
1セット 販売価格:¥1,300/セット  (但し送料、税込みセット価格)

「竹粉製造機(型式MBP-1)」のご紹介

「竹粉製造機(型式MBP-1)」

竹粉製造機の特徴
・他社機と比較し、安全性・生産性・簡単操作性を追求した高機能な竹粉製造機
・生産性(業界No1)1000kg~1500kg/日
 ※主軸カッターの回転数調整で料変化・切削騒音低減   通常時80~90dB


商品詳細
・切削チップ耐久性・チップコスト面で優位、市販の超硬性使用で約50Hr交換(4辺利用)
・竹粉粒度平均300μ(カッター1500回転・竹送り速度80cm/minの場合)
・回転数と送り速度調整により竹粉生産量竹粉と粒度調整可能
・竹の維管束を損なわず切削することによる高効率の乳酸発酵可能(ピーク時50億個/g)

本体機械主要仕様
電 源      三相交流200V
モーター切削用  18.5kW4P(全閉外扇型)(定トルク)
送り装置用    5kW ACサーボモーター
クランプ用    3.5kW ACサーボモーター
集塵装置用    2.2kW2P
主軸回転数    選択式 500・800・1000・1500・1800
送り装置速度   1~200cm/min(数値入力式)
竹加工可能範囲  直径60~180cm 全長300~4200mm
機械サイズ    全長5900mm 巾1400mm 高さ1520mm
カッターチップ  チップ数28チップ(超硬製チップ市販品)
サイズ      5900×1400×1520mm

「低温真空乾燥機」のご紹介

「低温真空乾燥機」

低温真空乾燥機の特徴
①低温で蒸発を可能にし、固体と液体を抽出することにより生産物の成分をロスなく100%活用
②対象原料はバイオマス全般及び農作物の未利用資源他、食品・魚介残さ等幅広く固液分離対応可能

試験用試料の対応
バイオマスの固液分離及び機能分析試験を検討される場合は「お問い合わせ」又は「電話」にてご連絡ください。

商品詳細
製品仕様ラインナップは材料投入容量(50ℓ~3,000ℓ)により7タイプあります。

周辺機器およびオプション機器、その他詳細に付きましてのご相談は「お問い合わせ」又は「電話」にてご連絡ください。

真空乾燥システムフロー

真空乾燥システムフロー

「二次破砕機」のご紹介

「二次破砕機(DDシリーズ)」

二次破砕機の特徴
①竹粉製造機で生産した竹粉(粒度300μ)を更に細かくするニーズに対応する装置
②竹粉での実証では平均粒度70μまで微粉末生産可能
③同装置の粉砕システムは高速回転する各ピンの衝撃/剪断力と材料間衝撃により効果良く
 微粉砕可能
④生産性・操作性・安全性・経済性面で評価高く累計 10,000台超販売実績あり

材料試験のご案内
実機による粉砕テストをご希望の方は「お問い合わせ」又は「電話」にてご連絡ください。

商品詳細
商品詳細につきましては「お問い合わせ」又は「電話」にてご連絡ください。 

「混合溶融装置(バイオマスプラスチック製造装置)」のご紹介

「混合溶融装置(バイオマスプラスチック製造装置)」

混合溶融装置の特徴
①竹粉の高濃度(配合比率70%)複合プラスチックを生産でき、物性値(強度・耐熱等)
 改善高濃度プラの状態で射出成型可能(本装置以外では射出成型は困難)
②竹以外木質・植物系バイオマスで含水率を気にせず(40%以下) 溶融可能
③材料粒度は6mmアンダー以下が望ましい

製品開発
試験のご案内 樹脂のグレードや混合溶融条件・成型条件等で物性に差が出るので個別製品毎の試験が必要となります。
実機による材料テストをご希望の方は「お問い合わせ」又は「電話」にてご連絡ください。

商品詳細

製造プロセス