有機農業は基本的に地球温暖化に役立っている。有機系廃棄物を焼却・燃焼させて炭酸ガスを放出させる代わりに、発酵させて堆肥化し農地に還元させることだけで、十分Co2削減になっているし、化学肥料を使わないことで化学肥料工場からでる炭酸ガスの量を減らす効果も有る。

当NPOでは有機栽培による農地土壌への炭素貯留効果の検証をする農水省地球温暖化対策事業にも、(栃木県)茂木町土壌炭素貯留推進協議会で参画している。当NPOの理事長はその協議会の会長を務め、会員も活動に参画している。

又当NPOホームページのトップに示す主要3事業活動はすべて地球温暖化につながるものである。特に2項の『竹資源の硬度循環利用』は竹林・森林整備で温暖化対策に貢献するばかりでなく、竹資材で生産した乳酸発酵粉末が有機堆肥と併せて施肥することで農業資材の効率を高めることでも温暖化防止に役立っている。

上記3事業の3項の道の駅プロジェクトもJR貨物を活用する事が出来れば、現行トラック輸送から列車に切り替えることが出来てCO2排出が大きく削減される効果も期待される。

当NPOでは今後各省庁の温暖化防止当に関する予算情報を紹介すると共に、NPO自身も入札資格を取り、直接活動に参画していきたいと考えている。

参考 関連省庁リンク
地球温暖化に関する各省庁の施策・予算
農水省
STAFF
経産省
NEDO
中小企業庁
環境省